レガシーコード生産ガイド

私に教えられることなら

自由自在Squeakプログラミングを読み終わった

……と言いたいところなんだけど、最後のVMプラグイン作成の章は飛ばすことにした。どうも使ってるSqueak4.4jaにはVMMakerなく、やり方も変わってそうだから調べるのが多少めんどうなのと、Squeak/Pharo今もガンガン進化していってるし、VMプラグイン作りたいと思った頃にはまた方法が変わってそうなので、その時に改めて調べることにする。

内容については、読んで良かった。自分は他の言語/環境でいろいろ遊んでたので、「Squeak Smalltalkでのやり方を知った」というカンジだけど、それを頭に入れておくのとおかないのではやっぱり全然違うと思う。

プログラミングをまったくやったこと無い人に合うかどうかは自分じゃ判断できないけど、Squeak触るのに初めの一冊として最適なんじゃないでしょうか。今はPDFで公開されてるし。あれ、今気づいたけどもしかして最近のバージョンに合わせて改訂されてたりするのかな。。

読み方については自由自在Squeakプログラミングを読んでいる - レガシーコード生産ガイドに書いたやり方で通した。読み飛ばしたがりの自分にとても合ってると感じたので、これからも同じやり方でやろうと思う。

Squeakやその他プログラミング言語について。ずっと文字の並びだけで解決しようとしてる部分にこだわっていた。が、処理系を手当たりしだいに作ったりSqueakについていろいろ調べるなかで、文法や言語の機能とは別になにか大事な部分があって、自分の興味はそこに強く惹かれるようになった。

で、長々と書いてたけど深夜のテンションなので後で後悔しそうだ。消しておこう。2週間もすれば変わってそうだし。簡単に言うと、今は、その大事な部分は「全てが(オブジェクト同士の)メッセージ送信」が一番いいな、最終的にメッセージングになるなら表記はなんでもいいか、と思っている。なんでもいいというのは、どんなものでも気にしないというわけじゃなくて、コンパイラツールを作ればいいかということ。

次は明日届く「Smalltalk ベストプラクティスパターン」と「サクサクSmalltalk」を読む。同時進行でSqueakローグライクを作ってるんだけど、どうしても関数で考えてしまっているので、オブジェクトとして物を見て分析する方法が知りたい。

広告を非表示にする