レガシーコード生産ガイド

私に教えられることなら

Real World Haskell、スキップ

5章、JSONのプリティプリントのところを読んでたけど、あまりにも説明の順番が自分には理解しづらい。その場で実装できないものはundefinedにしといて後回しにするんだけど、トップダウン方式なのにトップが明示されていないので、なぜ後回しにするのか、どういう構造になるのかが後々まではっきりわからない。そのため頭のスタックが必要以上に圧迫されてしまう。

じゃあまず完成品のソースを書籍のサイトから落として、何をやってるか全体を見て把握しよう。そしてボトムアップなやり方に切り替えて、適宜説明を見ていこう。と思ったらソースが見出しごとのサンプルみたいなものに別れていた。ワーオ、めんどうだ!

普通にcatしていらないとこ削ってもよかったんだけど、この先ずっとこういうことと格闘していくのもな…と思ったので、倉庫に封印かスキャンか処分かして、別のことをやるとしよう。

広告を非表示にする